達人ブログ

意味のないことをツラツラ書いていく

オリラジのあの曲をクソ真面目に考察するだけ。

彼は言った・・・・

今回はだいぶ話題となっていたオリエンタルラジオのアノ曲の歌詞を考察していきます。聞いたことない方や歌詞を見たい方はこちら歌詞全文はこちら!


彼は言った世界は必ずしもみんな平等とは限らない
彼は言った世の中には絶対勝者と敗者が存在する
彼は言ったその勝者の頂点が自分自身そうTop of the world
彼が法であり秩序保たれるすぐさまなくなる世界のWar

この部分は歌詞の最初で、漫才で言うところの「つかみ」にあたります。ここのポイントは赤字で示した「彼は言った」でしょう。
ここで「彼」が誰だか明かされないため視聴者は彼について疑問を持ち、思わず聞き入ってしまいます。さすがお笑い芸人、つかみの部分はばっちりですね。



 時は来た彼こそ真の支配者
彼の前にひざまずくのは敗者
感謝の言葉 彼に乱射
賢者 識者 かけろ拍車
民共崇める準備はいいか?
自分を高める運気欲しいか?

さあみんな手を天にかかげ そして今こそ祈れ


 この部分で藤森さんお得意のラップに入りますね。ラップに詳しくないのであまりわかりませんがこの部分は普通なのでしょう。強いてあげるなら、この「彼」をあがめたてまつるとイイことがあると示してることでしょうか。

 恐れるな おののくな
吠えろ(hey) 声あげろ(ho)
その血と魂を今ささげろ

この部分はそれまでの彼の紹介から一転して視聴者への呼びかけになっています。
コール&レスポンスが若干雑な感じですが 、恐れるな おののくなという普段の会話でなかなか使わないような闘志を煽り立てるフレーズによってこれから出る彼への期待感を高めています。

「I’m a perfect human」
na,ka,ta nakata ×3
「I’m a perfect human」
We live in Tokyo
na,ka,ta nakata
「I’m a perfect human」
We believe in new God
na,ka,ta nakata
「I’m a perfect human」

大事なことなので6回言いました。
ついに彼の正体が明らかになりましたねwww。
赤字のところについてこの流れでWe live in Tokyoって違和感ありますよね?斜め上過ぎる圧倒的ボキャブラリー。この異物感が非常に気に入っています。
普通の人ならここで無難な歌詞を作って適当に終わらせてしまいそうですがあえてここでこの言葉を選ぶ、「異物感」というテクニック、色々な名曲に以外にもこの「異物感」が使われていますね。


最後に

オリラジの曲はとにかく歌詞がスゴイ!!ということでした。 なぜがあっちゃんを異様に奉る「武勇伝」の姿勢を残してマイナーチェンジしてきたのが素晴らしいですね。オリラジのこれからのネタや楽曲に期待大!!!