ツラツラ

意味のないことをツラツラ書いていく

2018年に辞めたいこと!!!「やりたいこと」より「辞めたいこと」のほうが大切だと思う

この記事を書いているのが2017年12月22日、年末です。

 

世の中では来年になったら何をやりたいか、来年の抱負について語る機会が多いと思います。そんな世の風潮に反抗して私は「来年に辞めたい習慣」を語っていきます。

 

 2018年に辞めたいこと

ダラダラとネットサーフィン

http://1.bp.blogspot.com/-gT-GQZdgLs0/V9ppbFvONVI/AAAAAAAA9po/YiIqQRWL8iQHtvzWZLMejZqbZBLHZ0-rwCLcB/s800/computer_net_stalker_man.png

家に帰ってからダラダラとネットサーフィンをしてしまう。これをしてしまう人は多いのではないでしょうか。

 

特にここ数年くらいでスマートフォンタブレット端末が普及したので「家に帰ったらパソコンを開かない」といった目標を立ててもスマホをいじってしまい気が付いたら時間がたってしまった。ということもあるでしょう。

 

私が考えた解決策は2つ

  1. やるべき課題を終えてから家に帰る
  2. 楽しい趣味を見つける

一つ目については、そもそも家に帰る時間を遅くし、ダラダラする時間を減らすというもの。2つ目についてもネットサーフィンに精を出さないようにするための策ですね。

 

人と話すときにスマホを触るのをやめる。

http://estorypost.com/wp-content/uploads/2014/09/034ad7365704fdfd11ace316ebeed7c3.jpg?x12928

コミュニケーション能力がメチャクチャ低い人間なので、他人の話に集中できず、その結果人がいてもスマホをいじるようになっていました。

 

私の場合は携帯電話を持っていなかった小中学生時代も知らない人がいるとペットボトルのラベルの成分表をじっと眺めて気まずさを紛らわせていたような人間なのでスマホを手放しても治らないと思います。

 

これに関しては特に解決策が思いつきませんが、自分自身で意識するしかないでしょう。家族とかなら私が頼めば注意してくれるかもしれませんが友達とかだとなかなか私に注意しずらいですよね。私自身はネットサーフィン控えるのより解決が難しい気がします。

 

夜行バス使うのをやめる

上の2つとはまったく性質は異なりますがこれも目標(?)ですね。

 

時間とお金の節約になると思って帰省や旅行時に夜行バスを使っていたのですが、バスから朝降りると寝たはずなのに疲れが残っていて、そのあとの一日を無駄にしているような気がしてとてももったいないと感じました。

 

金銭的な面ですべての移動を新幹線にすることははっきり言って難しいですが、夜行バスより安く、疲れが残りづらい昼行バスにする。移動を18切符をつかい鈍行列車の旅を楽しむなどいろいろ工夫することでこの目標を達成できそうです。

 

 

なぜ、「なにかをやめること」が大切なのか

私がなぜ辞めたいことにこだわるのかというと、時間は増やせない資源だからです。お金はバイトすれば増やせる。知識は勉強すると増やせる。しかしバイトするための時間、勉強するための時間は増やせません。何かをやめない限りは。

 

そして私が何かやるべきこと、やりたいことを見つけたらそこに時間や資源をつぎこむことにします。そのために必要な時間をなにかをやめることでつくりだしていきましょう。

 

以上「2018年に辞めたいこと!!!「やりたいこと」より「辞めたいこと」のほうが大切だと思う」でした。

 

人生で必要な「時間と資源の配分の仕方」など人生の教訓が書いてある本を最近読みました。賭けを普段やらない人にも読む価値のある本だと思います。

 

mk3331breaker.hatenablog.com

 

ほかにもこんな記事を書いています。

mk3331breaker.hatenablog.com