ツラツラ

意味のないことをツラツラ書いていく

読書ライフをより快適にする。Kindle Paperwhite

こんにちは。最近読書してますか?紙の本もいいのですが電子書籍もいいと最近気づきました。紙の本と違って場所を取らず持ち運びしやすいとメリット満載です。今日は僕が使っている

 

 

kindle Paperwhite」の魅力について書いていきます。

 

 

 

 

電子書籍のメリット

場所を取らない


f:id:mk3331breaker:20170925113928j:image

この片手で持てる大きさ、薄さがなんといっても魅力です。この小さな端末の中にマンガなら約700冊、書籍なら数千冊入るんです。容量32GBでも本にすると凄くたくさん入るんですね。

 

目が疲れない

 

電子書籍端末ではe-inkスクリーンを採用しています。これによって余計な光が画面から出ず、目が疲れません。さらにタブレットスマートフォンのスクリーンと違って、明るい日差しの中でも反射がなく屋外でも問題なく文字が読めます。この点でもまるで本物の本のようですね。


f:id:mk3331breaker:20170925115414j:image

屋外でも問題なく文字が読めることがわかります。

 

 

プライム会員なら無料で本が読める

プライム会員でkindle端末を持っている人は月に1冊無料で本を読むことができます。例えば毎月400円の本を読んだ場合年間で4800円相当の本が無料で読めます。これだけでプライム会員の年会費の元が取れますね。この特典はスマートフォンタブレットkindleを使っている人にはありません。

実際にはプライム会員ならお急ぎ便、prime musicなどのほかのサービスも使っていると思うのでさらにお得だと思います。

 

 

注意点

 

kindle自体はkindle端末を持っていなくても使える。

タブレットなどで電子書籍を読んでいる人は知っていると思いますが、電子書籍電子書籍端末を買わずに読むことができます。目が疲れない、屋外でも快適に読めるなどのメリットもありますが、電子書籍を読みたいからkindleを買う必要は必ずしもあるわけではありません。

 

カラーではない

上の写真を見て気づいた人もいると思いますが、カラー対応はしていません。書籍を読む場合問題はありませんがカラー漫画を読む場合少し困るかもしれません。画面も小さいので見開きページのコマがある漫画だと端末が小さいこともあり、ページが小さいと感じると思います。その場合は大きめのタブレット端末で漫画を読むとこの問題が解決されると思います。

CPUが非力

 

読書のための端末なのでCPUパワーは必要ないと思いますが、非力だなと感じることがたまにあります。書籍を読んでいるときにはほどんど感じませんが、漫画を読んでいるとページのスクロール速度が遅いと感じることがあります。漫画はタブレット端末で読んだほうがいいかもしれません。

 

 

読書しよう!!

ここまでいろいろ書いてきましたがkindle端末は読書するということに関しては非常に魅力的な端末です。たまにはスマホから目を離して本を読むのもいいのではないでしょうか。電子書籍端末なら本屋に買いに行く手間も省けて場所も取らず快適に読書できますよ。

 

 

 

 

以上「読書ライフをより快適にする。Kindle Paperwhite」でした。

 

僕が読んだ本の書評を書いたブログもあるのでよかったら見てください。

mk3331breaker.hatenablog.com