ツラツラ

意味のないことをツラツラ書いていく

3連休は鉄道旅!?【三連休東日本・函館パス】解説、お得な使い方を説明します。

JR東日本が「三連休東日本・函館パス」を発行しています。三連休限定ではありますが、JR東日本全線、一部の第三セクターや私鉄、さらにJR北海道の函館エリアまでが乗り放題な切符です。今回はどのくらいの距離乗ればどのくらいお得になるかを紹介します。

www.jreast.co.jp

 

 三連休東日本・函館パスとは

「三連休東日本・函館パス」は、JR東日本が発売するフリーきっぷです。7月の海の日の三連休から、翌年2月の建国記念日の三連休までの三連休に利用できます。

 

利用期間
  • 2017年7月15日(土)~17日(月)(海の日の三連休)
  • 2017年9月16日(土)~18日(月)(敬老の日の三連休)
  • 2017年10月7日(土)~9日(月)(体育の日の三連休)
  • 2017年11月3日(金)~5日(日)(文化の日の三連休)
  • 2018年2月10日(土)~12日(月)(建国記念日の三連休)
有効期限

上記の3日間(連続する3日間有効)

 

販売期間

有効期間開始日の1か月前から前日(当日の販売はないので注意

例:10月7日(土)~9日(月)の「三連休東日本・函館パス」を利用する場合9月7日(木)から10月6日(金)の販売

 

フリーエリア
切符の利用条件
  • 上記フリーエリア内の普通列車(快速含む)普通車自由席およびBRTが乗り降り自由。
  • 別に特急券を購入すれば新幹線や特急列車に乗ることも可能。
値段

大人:14050円

子供:4300円

 切符の特徴及び青春18きっぷとの比較

この切符の特徴はフリーエリアがとても広いことです。青春18きっぷにはかないませんがJR東日本全線、JR北海道の函館エリアに対応しています。さらに多くの第3セクターにも対応していることがとてもうれしいですね。これは青春18きっぷにはない利点です。

この切符の特徴の一つに特急券を購入すれば新幹線や特急列車にも乗れることがあげられます。さらに指定席券を購入すればいろいろな区間で運行しているリゾート列車に乗ることも可能です。(青春18きっぷでは新幹線等に乗れず特急券のほかに乗車券も必要です。)

詳細はこちら

http://www.jreast.co.jp/press/2017/20170609.pdf

 

 

 

どこまで乗ればお得になるのか

これから単純往復での損得について考えます。「三連休東日本・函館パス」では特急列車に乗るときは別途特急券の購入が必要になるので単純に乗車券の料金だけで比較します。

東京始点

路線名 お得境界 東京からの往復運賃との比較
北海道新幹線 区間 新函館北斗(往復20800円、6750円得)
東北新幹線 水沢江刺 盛岡(往復16840円、2790円得)
新青森(往復18260円、4210円得)
秋田新幹線 区間 秋田(往復17680円、3630円得)
山形新幹線 null  
北陸新幹線 null  
上越新幹線 null  

 

北海道新幹線エリアまで行けばお得になります。新函館北斗駅まで行くと往復で6750円もお得です。盛岡、秋田まで往復してもお得になります。

 

他方、山形新幹線北陸新幹線(フリーエリアは上越妙高まで)、上越新幹線の場合、単純往復ではお得になりません。周遊ルートでの観光の場合はお得になる可能性があるのでそのように旅行を組み立てましょう。

 

仙台始点

 

路線名 お得境界 東京からの往復運賃との比較
北海道新幹線 区間 新函館北斗(往復16860円、2810円得)
東北新幹線 null  
秋田新幹線 null  
山形新幹線 null  
北陸新幹線 佐久平 長野(往復16420円、2370円得)
上越新幹線 越後湯沢 新潟(往復19220円、5170円得)

 

信州、新潟エリアに旅行する場合お得になります。新潟まで行くと往復で5170円もお得です。

 

一方で東北新幹線エリアだとお得になる区間はなく函館まで行く必要があります。周遊ルートでの観光の場合はお得になる可能性があるのでそのように旅行を組み立てましょう。

 

もっと安い運賃になるかも

 

えきねっと「お先にトクだ値」との比較

JR東日本のインターネット予約サービス「えきねっと」では、日にち・列車が制限されますが、乗車券+特急券がセットで割引される「トクだ値」というサービスがあります。このうち「お先にトクだ値」とは乗車日13日前の午前1時40分までの申込みで通常の「えきねっとトクだ値」より安く購入できます。(割引率25%以上になることも)

「三連休東日本・函館パス」では、特急券に割引はつきません。正規運賃との比較では「三連休東日本・函館パス」のほうがお得でも、「お先にトクだ値」と比べるとお得ではない場合があります。

 

「お先にトクだ値」は区間や列車によって割引率が異なるので一概には言えませんが例えば東京駅から新函館北斗駅まではやぶさを使う場合、「三連休東日本・函館パス」だと往復で36310円かかるのに対して、「お先にトクだ値」では34020円になります。

ただし「お先にトクだ値」では13日以上前に購入する必要があるうえ乗れる列車の制限、キャンセル料が高いなどのデメリットもあるのでどちらを使ったほうが良いかはその人次第です。

学割との比較

JRには学生割引(学割)があります。各学生が通う学校で証明書を発行してもらい、それを提示すると料金が安くなるというものです。具体的には乗車券が2割引になります。これをもとに先ほどの表を見てみましょう。

東京始点 

路線名 お得境界 東京からの往復運賃との比較
北海道新幹線 区間 新函館北斗(往復20800円、6750円得)
東北新幹線 水沢江刺 盛岡(往復16840円、2790円得)
新青森(往復18260円、4210円得)
秋田新幹線  全区間 秋田(往復17680円、3630円得)
山形新幹線 null  
北陸新幹線 null  
上越新幹線 null  

 

仙台始点

路線名 お得境界 東京からの往復運賃との比較
北海道新幹線 区間 新函館北斗(往復16860円、2810円得)
東北新幹線 null  
秋田新幹線 null  
山形新幹線 null  
北陸新幹線 佐久平 長野(往復16420円、2370円得)
上越新幹線 越後湯沢 新潟(往復19220円、5170円得)

 

乗車券の比較なので単純に表にある値段を0.8倍すると東京⇔ 新函館北斗間が16640円、となりお得ですが東京⇔ 盛岡間、東京⇔ 秋田間は14000円前後となりほぼ損得がなくなります。

 

「お先にトクだ値」、学割ともに周遊券ではありませんがフリーパスが最安とは限らないということはこの先鉄道旅をするときのために覚えていて損はないでしょう。

 

 

おすすめの使い方

https://upload.wikimedia.org/wikipedia/commons/2/2e/Dawn_over_Oostende_cloud.jpg

 

おすすめの使い方は第3セクターや私鉄を含めた周遊ルートです。第3セクターや私鉄はJRと比べて運賃が高いことが多いからです。乗り降りし放題なのが周遊券の魅力なのでぜひぜひいろんなところに行ってみてください。青い森鉄道北陸鉄道伊豆急行線などの汽車旅ルートになる路線が乗り放題なのをいかして普段とは違う旅を楽しみましょう。

 

以上「3連休は鉄道旅!?【三連休東日本・函館パス】解説、お得な使い方を説明します。」でした。普段鉄道を使わない人でもたまには鉄道旅もいいと思います。